任意売却とは

Arbitrary sale

「任意売却」の言葉の意味はみなさんご存知でしょうか?よく耳にする言葉だとは思いますが、実際その意味やどのような売却なのかお答えできる方は少ないのではないでしょうか??

そんな方の為に、「任意売却」の意味や売却までの流れをご説明したいと思います。

まずはどのような状態を任意売却というのでしょうか?
金融機関から住宅ローンやその他の借り入れをしていて、その借入金が返済出来なくなり不動産の売却後もローン残債金が残ってしまうにも関わらず金融期間合意の上で売却する事を言います。

今の説明を図にすると下記のようになります。

任意売却の例

例:金融機関へ1,500万円の返済が必要な場合

例:金融機関へ1,500万円の返済が必要場合

  • ① 売却金・諸経費も含めBへの売却を金融機関が承諾
  • ② 金融機関合意の上1,100万円でBに売却
  • ③ 売却に係る諸経費を差し引いた1,050万円を金融機関に返済し完了

まずは金融機関や不動産屋に相談する事
金融機関は本来1,500万円を返済して欲しい所ですが、債務者の支払い能力や今後の再スタートをスムーズに行えるようにとの判断で銀行側が譲歩した形を一般的に任意売却と呼びます。返済をそのまま放って、催促や督促を無視してしまうと競売となります。
競売になってしまうと、手残り金等は一切なくすべて回収さることが一般的ですので悩まずにまずは金融機関や不動産屋に相談する事をお勧めします。
あなたが知らないだけで様々な救済を受けれる可能性があるので、ありのままを包み隠さずお話する事を心がけて頂ければと思います。
知っておきたい!任意売却と競売の違い
私たち不動産会社は、不動産の貸し借り、売却、購入だけではなくこのような任意売却に係る調整役も担っています。もちろんプライバシーに係る事ですので秘密厳守です!お気軽にご相談くださいませ。
先ほど「任意売却とは」をご説明しましたが、ここでは任意売却と競売の違いを図で触れておきたいと思います。そして最後に任意売却の流れをご紹介したいと思います。流れだけ知りたいかたは閲覧を飛ばして頂ければと思い
ます。

任意売却と競売の違い

(任意売却のメリット・競売のデメリット)

任意売却   競売
裁判所が決定した最低落札価格が基準になります。残債が多額になる事があります。 売却価格 裁判所が決定した最低落札価格が基準になります。残債が多額になる事があります。
裁判所が決定した最低落札価格が基準になります。残債が多額になる事があります。 残債務 強制力が強い為交渉は困難と言えるでしょう。
交渉に応じなければ最悪強制退去となります。 転居 交渉に応じなければ最悪強制退去となります。
本人の事情等は考慮されず資金を残す事は困難となります。 転居 本人の事情等は考慮されず資金を残す事は困難となります。

任意売却の流れ

Flow of voluntary sale

  • 1無料相談
    ありのままの状況をお伝えして頂き適切な販売方法をご提案致します。
  • 2媒介契約
    ご提案に納得できましたら、売却を依頼する媒介契約を締結いたします。
  • 3債権者との交渉
    金融機関又は債権者に返済計画等の交渉を代理で行います。
  • 4販売開始
    売り出しを開始し、買手を探す為幅広い販売活動を行います。
  • 5売買契約
    不動産の引き渡し時期等を設定し売買契約を締結いたします。
  • 6決済
    物件の引き渡し準備、債権者の抵当権抹消等各種調整の上買手の名義に致します。
  • 7再スタート
    新たな生活がスタートします。前を向いて様々な事にチャレンジしましょう!

ページトップへ ページトップへ